今年もお世話になりました

  • 2019.12.31 Tuesday
  • 16:59

 

大晦日、明日元旦のおせち料理の準備を手伝いながら、日記を更新しています^^

 

少し前を振り返って、納品事例を載せてみたいと思います。今年も色々作りました!

 

 

 

以前テーブルを納品していたご家庭に、少し遅れてベンチを納品しました。

 

木をふんだんに使った空間にすっきりと納まりました。長さ1960という特大

 

サイズのテーブルなので、ベンチにはゆったり3人で座ることができます。

 

 

こちらはキッチン用のワゴン。天板はお客様が自ら色を塗られました。チェリーの

 

本体といい相性でした。棚板は高さを自由に変えることができる仕組みです。

 

 

そしてこちら。一体何でしょう???

 

 

天板が開きます。好きな角度で止めることができます。内側には鏡が。

 

 

地面スレスレですがキャスターが付いていて、左右の開閉が簡単にできます。

 

 

棚板や引き出しがびっしり。こちらはお化粧道具を収納するための家具、でした。

 

ソファに座って、鏡を好きな角度で調整することができます。移動式の化粧台と

 

いう感じでしょうか。私、女とは思えないほど化粧道具、化粧品を持っていないの

 

ですが、使いやすさを追求することだけはできます。笑

 

元々箱を作ることが大好きなので、大小様々な箱を組み合わせたようなこの家具は

 

私自身も作っていてワクワクするものがありました。左側の薄い棚には、お客様が

 

持っているカラフルな紙の箱をずらっと並べて入れられるそうです^^

 

 

この12月には、、家を建てた時の余りの材料(ヒノキ)で玄関に置く台の制作が

 

できないかというご依頼品を受けて制作したり、、、

 

 

ベッドサイドに置くチェリーのテーブルを制作したり。丸脚に、天板は少しカーブした

 

形になっています。ソファのサイドテーブルとしても使えると、喜んでいただけました。

 

 

そして年末最後の納品は、組み立て式のソファと座卓。パーツをバラバラにする

 

ことができるので、マンションへの納品もスムーズでした。

 

 

裏面は少々金具が目立ちますが、使用する際には全く見えません。天板が反らない

 

ように固定するための金具と、脚をねじ込むための金具、二枚の天板をしっかり

 

ジョイントするための金具、です。

 

 

裏から見るとこんな感じです。

 

 

天板はねじ込み式の脚を外すと、ソファの下に収納することができます。

 

 

天板が収まっていることがほとんどわからないように。

 

 

そして外した脚は、座面の下に収納することができます。普段は限られたスペースで

 

生活するけれど、人が集まった時にだけ大きな座卓を出してきて使えたらいいなぁ。

 

というお客様のご要望を一緒に形にしていきました。納品後はお子様がニッコリ笑って

 

ソファに座る写真をいただきました。

 

 

 

今年はぶんぶく堂開業15周年という節目の年でもありました。はじめた頃を振り返ると

 

ずいぶん作るものの雰囲気が変わってきたようにも思いますが、それはお客様のご要望が

 

時代によって変わってきているからだと思います。家具用の金具も毎年進化し続けていて

 

それを取り入れてより快適な家具づくりを目指していることが、家具の形の変化に繋がっ

 

ているのかもしれません。これは私自身、とてもいいことだと感じています。

 

そして来年はこれに加えてもう少し新たな取り組みの年になればなぁと思っています。

 

まずは福岡護国神社の蚤の市に初出店の予定です。詳しいお知らせはまた来年に。

 

今年ぶんぶく堂を新たに知ってくださったお客様、常連のお客様、百貨店

 

での販売に携わってくださった全ての方々に、心より感謝申し上げます。

 

皆様どうぞ良い年をお迎えください。

 

 

 

 

 

selected entries

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM